• ロート通販からのお知らせ
  • FAQ(よくある質問)
  • お問い合わせ
  • 初めての方へ
  • ショッピングガイド
  • マイページ
  • 商品番号から注文
イベント&特集
カートを見る

美と健康のお悩み相談

コラム 自分でできる、簡単おうちエステ!「秋から冬へのうるおい肌づくり」あたため&マッサージでW保湿のうるおいをしっかり浸透

  1. 01.あたためケア
  2. 02.うるおいケア

冷やすケアからあたためるケアへ。血流を促し、ターンオーバーを整えましょう。

秋から冬へ。気温が低くなるにつれ、肌の表面温度も下がってきます。そんな環境の変化が、肌のトラブルにつながることもあるので、気をつけたいもの。この季節のお手入れポイントは、肌をあたためることです。朝と夜、化粧水をつけるときにひと手間加えるだけで、肌はしっかり応えてくれます。冷えて乾燥しがちな肌をいたわり、やさしくあたためましょう。血流がよくなり、代謝がアップ。寒くなると乱れがちな、ターンオーバーの働きもサポートしてくれます。

あたためケアのポイント

  • ソフトコットンを使うときは、軽く、やさしく。力を入れてこすったり、強くパッティングするのは厳禁です。
  • 年齢×2倍パッティングする回数は、年齢の2倍が目安。マッサージ効果もあるので、数えながらやってみましょう。
  • 手のひら手のひらを使い、目以外の顔全体を軽く押さえるようにあたためます。手が冷たいときは、お湯であたためてから。

エステティシャンの美肌UPテク

  1. 化粧水をコットンにたっぷり含ませ、軽くふくようになじませます
  2. 1のコットンで顔全体を 年齢×2倍の回数、 やさしくパッティング
  3. 手のひらで 顔全体をあたためて 浸透

毎日つづけることが、しっとりもちもち肌への近道です。

  1. 01.あたためケア
  2. 02.うるおいケア

乾燥を感じる前のW保湿が鉄則。
使う量&かける時間でうるおい肌に差をつけましょう。

空気が乾燥してくると、夏と同じライトタイプの化粧水が物足りなく感じるはず。季節の移ろいに合わせ、化粧水のタイプもスイッチしましょう。朝と夜で使いわけるのもおすすめです。朝はライトタイプでも、夜は保湿成分が高配合されたモイスチャータイプで乾燥しがちな肌にうるおいをたっぷり補給したいもの。化粧水の次は、肌表面にうるおいを逃さないヴェールを作る乳液でW保湿。化粧水や乳液を使った量とケアにかけた時間は、うるおい肌となってはっきり実感できます。この時季は、うるおいを補って保つスキンケアで、冬の乾燥に負けない肌に整えておくことが大切です。

うるおいケアのポイント

  • W保湿朝も夜も、洗顔後は化粧水と乳液のW保湿を忘れずに。
  • たっぷり化粧水も乳液もたっぷりの量を使いましょう。それが、うるおい肌への近道です。
  • マッサージさっとつけるのではなく、マッサージしながらつけることで、美容成分がより浸透し、血行もよくなります。

エステティシャンの美肌UPテク

ふだんの2倍量の乳液を手にとり、中指と薬指を使って顔全体をくるくるとマッサージしましょう。
乳液の保護成分がうるおいを閉じこめ、さらにマッサージすることで血液とリンパの流れを促進。疲れがちな肌を健やか肌へ導きます。

美と健康のお悩み相談

  • コラム「眠りについて」 快眠のカギは深部体温にアリ!
  • 秋から冬へのうるおい肌づくり
  • Q&Aスキンケアの110番
  • 潤いキープのためにまず何からはじめればいいの?
  • ホルモンバランスを崩さない生活習慣を!
  • はじめよう!すっきり爽快快腸生活
イベント&特集一覧へ戻る
  • 初めての方へ
  • ショッピングガイド
  • お問い合わせ
  • 会社概要
  • 個人情報の取扱について
  • 医薬品の販売に関する表示
  • 特定商取引に基づく表示
  • プライバシーポリシー
  • ご利用環境
  • サイトマップ
  • ロート製薬
  • ココロート Park

フリーダイヤル:0120-880-610(9:00~21:00)