• ロート通販からのお知らせ
  • FAQ(よくある質問)
  • お問い合わせ
  • 初めての方へ
  • ショッピングガイド
  • マイページ
  • 商品番号から注文
イベント&特集
カートを見る

美と健康のお悩み相談

潤いキープのためにまず何からはじめればいいの?

  1. 01.冬の乾燥肌 手の荒れ
  2. 02.身体の乾燥の原因とメカニズム
  3. 03.身体の乾燥で気をつけたいこと
  4. 04.お肌が潤うおすすめ商品

冬の乾燥肌・手の荒れ

どうして、寒い時期はお肌がより乾燥しやすくなるの?
冬でも晴れた日には意外と、洗濯物がカラッと乾きますね。これは、空気中に含まれる水分が少なくなっているため。つまり、湿度が低いのです。

また、寒いからといって常に暖房などをつけっ放しにしていると、更に乾燥の原因となります。当然、こうした環境下では、皮膚に含まれる水分もどんどん奪われていってしまいます。特に、顔や手など、常に乾いた寒気にさらされっぱなしですから、お肌もより乾燥しやすくなるというわけです。
寒い時期になると、いつも手が荒れがち。おすすめの予防ケアは?
冷たく乾いた空気にさらされていると、お肌の水分が急激に奪われてしまうため、手のひらや指先も荒れてカサついてしまいます。こんな手荒れを防ぐには保湿が大切。特に、洗い物などの水仕事をすると、手の水分が奪われ、乾燥の原因となりますので、ハンドクリームをこまめに塗りましょう。また、洗い物などの水仕事の前にハンドクリームを塗り、上からゴム手袋などを使うと、手の皮膚の表面から水分が奪われるのを防ぐと同時に、手荒れの原因にもなる洗剤などの刺激からお肌を守ってくれ、効果が期待できます。
  1. 01.冬の乾燥肌 手の荒れ
  2. 02.身体の乾燥の原因とメカニズム
  3. 03.身体の乾燥で気をつけたいこと
  4. 04.お肌が潤うおすすめ商品

身体の乾燥の原因とメカニズム

健康なお肌は潤いが満ちた状態

健康的な美しいお肌は、「きめの整った状態」「凹凸のないなめらかな状態」「適度に水分を保った状態」。化粧水をつけたあとすぐのお肌の状態は、しっとりとうるおったお肌の表面もなめらかなことが多いですよね。お肌に十分な潤いがある状態が、健康を保ちやすい状態でもあるのです。

そもそも、お肌には十分な水分を留めておこうとする「保湿力」という機能があります。この「保湿力」を下げて、お肌を乾燥しやすい状態にしてしまう原因には、遺伝などの先天的な原因をのぞいて、

などが考えられます。

不規則な生活

ダラダラと夜更かしして、睡眠をしっかり取っていない
夜寝ている間に、肌のターンオーバー(新陳代謝)が活発に行われます。この時間にまだ身体を休めず、ましてやメイクをしたままで過ごしているのは、新しい肌細胞が作るためのサイクルを乱す原因になります。
食生活に偏りがある
偏食・栄養バランスの取れていない食生活を続けていると、血液の流れが悪くなったり、疲れを感じやすくなったりなどの支障をきたします。つまり、代謝が滞る原因となります。特に、色の濃い野菜や豚肉などに多く含まれるビタミンB群が不足することは、肌細胞のターンオーバーが正常に行われにくくなるなどの不調の原因にもつながります。

洗剤や石けんなどを使って頻繁に手肌を洗いすぎる

頻繁に食器を洗う必要がある
頻繁に洗うことにより、皮膚に必要な皮脂まで奪われてしまい、手肌の水分が蒸発しやすくなります。乾燥が進むと、ガードが弱い状態になり、洗剤の刺激などにより手肌が荒れやすくなります。
1回1回の洗顔を丁寧に行っていない
洗顔フォームしっかりと泡立てて、こすらずに優しく洗う洗顔はそれで完璧だと思っていませんか。洗顔ではすすぎも大切です。洗顔料の洗い残しなどがお肌の表面についたままだと、かえってお肌に刺激を与え、肌荒れを引き起こす原因となります。

加齢による肌機能の低下

年齢を重ねても、若いときと同じスキンケアを日々続けている
年齢とともに、お肌は変化します。例えば、「セラミド」などで知られる表皮の角質細胞間脂質や皮脂膜は、乾燥からお肌の潤いを守ることに一役買っていますが、年齢によりその量は変化します。角質細胞間脂質や皮脂が不足すると、角質層のバリア機能が弱まります。これが、乾燥肌や敏感肌、肌荒れの原因となるのです。
ですから、年齢にあわせた保湿ケアを入念に行う必要があるのです。
寒気・乾燥にも負けない強いお肌になるために
皮膚の表面は本来、皮脂膜で覆われています。この皮脂膜とは汗腺・脂腺からにじみ出る汗や脂が乳化して作り出す「天然のエマルジョン」。乾燥や寒気などの外からの刺激をブロックするとともに、角質層内に水分をしっかりとどめておこうとする保湿力があります。ただし、汗や皮脂の分泌は年齢により変化します。そこで、化粧水乳液クリームなどを使った保湿ケアで、皮脂膜の役割をしっかりと補ってあげることが大切なのです。
ターンオーバー(新陳代謝)のリズムが悪くなるとお肌がカサつく
表皮は、28日~42日間周期で新しいものに生まれ変わります。これがターンオーバー(新陳代謝)で、このリズムが崩れると、肌本来の保湿力が低下し、肌が乾燥しやすい状態になって、カサついたり、白く粉浮きしたような状態になることがあるのです。
  1. 01.冬の乾燥肌 手の荒れ
  2. 02.身体の乾燥の原因とメカニズム
  3. 03.身体の乾燥で気をつけたいこと
  4. 04.お肌が潤うおすすめ商品

身体の乾燥で気をつけたいこと

基本は毎日の洗顔・保湿

クレンジング洗顔料などによる洗顔と化粧水乳液などによる保湿を習慣づけましょう。
とにかく保湿ケアが大切!」と、ただ有効成分を多く含んだ化粧水乳液、高価な保湿クリームをお肌に塗ったとしても、お肌の表面が・汚れていたのではそれがトラブルの元となり、健康な美しい肌を損なう原因になります。

そこで洗顔が大切になってくるのです。
まずは、クレンジングメイクの汚れをしっかり浮かして落とします。それから、洗顔料を使って優しく、古くなって表面から剥がれ落ちた角質細胞や汚れを一緒に洗い流します。
次は、化粧水乳液(+保湿クリーム)の保湿。洗って間もなくのお肌は乾燥しやすいため、できるだけ時間を置かずにこれを行うよう心がけましょう。もちろん、保湿は基本として、お肌の状態やお悩みに合わせて、クリームや美容液などをプラスオンしていきましょう。 洗顔+保湿は毎日欠かさず続けることが大切。お風呂や洗面所の目につく場所、すぐ手の届く位置にクレンジング料洗顔料化粧水乳液などのスキンケア用品一式をセッティングしておくなど、無理なく習慣づけるためのひと工夫も大切でしょう。

入浴時は湯船にしっかり浸かって温まり、その後、入念に保湿ケアを

寒い時期はどうしても身体が縮こまり気味。そうすると血のめぐりも悪くなり、肌細胞に栄養分が行きわたりにくくなり、ターンオーバーも滞るという悪循環のもとになります。お風呂に入ったら面倒がらずに湯船にちゃんと浸かって身体を芯から温め、細胞の活性化を促しましょう。保湿ケアも、お風呂でしっかり温まった後に入念に行うことをおすすめします。
お肌が潤う生活習慣を心がけて
空気が乾燥することによって、肌から水分が蒸発しやすくなります。
また、空気が乾燥し、お肌の乾燥が進むと、さまざまな肌トラブルを呼び起こす可能性もあります。

それだけではなく、お肌というものは「心身の疲れ」「内臓の不調」「環境」を映し出す鏡のように、あなた自身やあなたの周りの刺激すべてが影響してくるもの。生活習慣にも、乾燥を始めとするお肌のトラブルの原因が含まれています。
ターンオーバーの周期・28日~42日前の生活を振り返ってみてください。お肌の潤いを保てるような生活習慣が、組み立てられていますか。できることから一つずつ、お肌のために優しい習慣を身につけていきましょう。
  1. 01.冬の乾燥肌 手の荒れ
  2. 02.身体の乾燥の原因とメカニズム
  3. 03.身体の乾燥で気をつけたいこと
  4. 04.お肌が潤うおすすめ商品

お肌が潤うおすすめ商品

美と健康のお悩み相談

  • コラム「眠りについて」 快眠のカギは深部体温にアリ!
  • 秋から冬へのうるおい肌づくり
  • Q&Aスキンケアの110番
  • 潤いキープのためにまず何からはじめればいいの?
  • ホルモンバランスを崩さない生活習慣を!
  • はじめよう!すっきり爽快快腸生活
イベント&特集一覧へ戻る
  • 初めての方へ
  • ショッピングガイド
  • お問い合わせ
  • 会社概要
  • 個人情報の取扱について
  • 医薬品の販売に関する表示
  • 特定商取引に基づく表示
  • プライバシーポリシー
  • ご利用環境
  • サイトマップ
  • ロート製薬
  • ココロート Park

フリーダイヤル:0120-880-610(9:00~21:00)